お気に入りの車に長く乗ろう

メンテナンスすれば長持ちする

エンジンオイルは、車の中でも特に重要な部分だと言われます。 交換しないまま使っていると、壊れて車を運転できなくなってしまいます。 運転している時にエンジンが壊れたら困るので、定期的に交換してください。 どのくらいのペースで、交換すれば良いのでしょうか。

交換するタイミングを見極める

タイミングベルトという部品は、走行距離を見ていつ交換すれば良いのか判断してください。 走行距離が10万kmを超えたら、交換するべきです。 きちんとタイミングベルトを交換していれば、レトロな車でも10年以上の乗り続けられます。 お気に入りの車を、長持ちさせましょう。

エンジン内部の温度を下げよう

ずっとエンジンが動いていると、高温になります。 高温になったままでは、部品が壊れてしまいます。 そんな状態を回避するために、温度を下げる部品が車に取り付けられています。 ラジエーターホースやウォーターポンプが、エンジン内部を冷却する役割を担っています。

トラブル防止に繋がる

車は、メンテナンスをすることでトラブルが起こることなく乗れます。
逆に言うとメンテナンスをしなければ、運転中にトラブルが起こるかもしれないので非常に危険です。
エンジンオイルの交換を、済ませておきましょう。
それほど車に乗っていない場合でも、エンジンが劣化している可能性が高いです。
半年に1回のペースで交換していれば、車にトラブルが起こることはありません。
面倒に感じたり、出費が増えたりするからと交換を怠らないでください。

タイミングベルトという部品もあります。
それは走行距離によって、交換するタイミングを見極めなければいけません。
10万kmを越えたら、交換するタイミングだと覚えておきましょう。
ですから購入して新しい車でも、毎日たくさん運転する人はタイミングベルトの交換時期が早くなります。
手順を理解していれば、自分でも交換できます。
業者に交換してもらうと費用が高くなるので、削減を意識しているなら自力で交換しましょう。

エンジン内の温度を下げるための部品が、ラジエーターホースと言います。
こちらの部品も走行距離が10万kmを越えたら、交換しましょう。
ラジエーターホースを交換する時に、ウォーターポンプも交換するのがおすすめです。
1度に交換した方が、面倒な手間を削減できます。
ウォーターポンプも走行距離が10万kmを越えたら交換した方が良いと言われるので、一緒に済ませましょう。
このようなメンテナンスをしていれば、大丈夫です。